総量規制には対象外(例外・除外)がある?

「総量規制」とは、個人利用者が年収の3分の1以上を借入できないように定められた規制です。総量規制には「多重債務を防ぎ、個人利用者を守る」という目的がありますが、まとまったお金が必要な時は少し不便ですよね。

ですが、総量規制には対象外貸付や、例外・除外貸付があり、条件さえ満たせば上限以上の融資を受けることもできるのです。ここからは、総量規制の対象外や、例外・除外となる貸付について、詳しく見ていきたいと思います。

総量規制が適用されない取引ってなに?

総量規制が適用されない取引には、大まかに分けて以下の3種類あります。

・銀行からの借入
・大きな金額の借入
・個人以外(法人、個人事業主)での借入

まず最初に挙げられるのは、銀行カードローンです。総量規制は「貸金業法」に定められた規制であり、消費者金融などの貸金業者には適用されますが、銀行は適用外になります。

個人事業者や法人(企業・会社)もまた、貸金業者ではないので総量規制は適用されません。最後に、住宅ローンやマイカーローンなどの、高額な貸付も総量規制の対象外です。 後で詳しく述べますが、総量規制が適用されると支障をきたすケースが多いことが、除外された理由の一つとなっています。それでは、上の3つについて以下で詳しく見ていきましょう。

銀行カードローンは総量規制の「対象外」

先ほども書きましたが、総量規制は貸金業法に組み込まれた規制です。ですが、銀行カードローンには「銀行法」が適用されるため、総量規制の対象外となります。

このため、銀行カードローンでは年収の3分の1以上の金額を借入することも可能です。さらに、貸金業者に比べて金利が低めに設定されているので、返済期間が長くなりそうな場合は銀行カードローンを利用すると良いでしょう。
キャッシング即日-申し込み内容の確認について

ただし、銀行にもデメリットはあります。消費者金融などの貸金業者と比較して、審査が厳しめで、手続きに時間がかかるのです。今すぐに融資を受けたいと考えている方は注意してください。

総量規制の適用が「除外」される貸付

総量規制の対象とならない貸付を「除外貸付」といいます。除外貸付にはいくつか種類があるので、以下で紹介したいと思います。

1.自動車ローンや住宅ローンなどの高額な貸付

マイホームや自動車などを購入するためのローンは、総量規制の適用から除外されています。住宅ローンやマイカーローンに総量規制が適用されると、家やマイカーを購入することが難しくなる方が少なくないからです。

例えば年収が300万円の方は、100万円までしか貸金業者の融資を受けることができません。もし家を買いたい場合、100万円では満足いく買い物は到底できませんよね。 また、既に限度額まで借入している方もローンが組めずに、家や自動車を買うことが厳しくなってしまいます。このような事態を避けるため、住宅ローンなどの高額な貸付は、総量規制の貸付残高に含まれないようになっているのです。

2.高額療養費の貸付

突然のケガや病気で高額な医療費が発生した際は、借入金額の合計が年収の3分の1以上の場合でも、例外として借入が可能になります。ただし、融資を受ける時に、実際にかかった医療費の証明を求められるケースがあるので、注意が必要です。

おまとめローン

「おまとめローン」とは、複数の業者による借入債務を一本化したものです。債務を一本化すると金利が安くなるケースが多く、毎月の返済管理も大幅に楽になります。おまとめローンは「借り主が一方的に有利になるローン」であり、これは総量規制の例外となる条件の一つです。

4.配偶者貸付

専業主婦は本人に安定した収入がないため、基本的には借入ができません。しかし、総量規制の例外として「配偶者貸付」があり、これを利用すれば専業主婦でも借入が可能になります。

申請には「配偶者との婚姻を証明できる書類」と、「配偶者の同意書」が必要です。借入できる金額は、配偶者の年収と合わせて3分の1までに制限されています。

5.特定緊急貸付

緊急事態に限り、総量規制を超えた金額を借入・貸付しても良いという決まりが「特定緊急貸付」です。急な葬儀や自然災害時に加え、海外渡航中に現金が必要になった場合などにも、限度額以上の借入が可能になります。

ただし、特定緊急貸付においては、合計10万円までの融資しか認められず、返済期限も3ヶ月と短めに設定されています。

例外に頼りすぎるのは危険!

銀行カードローンや例外貸付は、多額の融資が必要な時は便利でしょう。しかし、あまり頼りすぎると後々苦労することになりかねません。繰り返しになりますが、総量規制の目的は、「利用者が多重債務を抱えないように防ぐこと」です。

「年収の3分の1」という借入制限は、利用者に不便を強いるために設けられている訳ではないのです。総量規制の適用外で借金を重ねた結果、生活が破綻してしまったり、最悪の場合は自殺にまで追い込まれるケースも少なくありません。

銀行カードローンや例外・除外貸付は、便利な分だけ借金苦に陥るリスクも高いです。利用する際は、返済の見通しをしっかり立てることをおすすめします。

総量規制には対象外(例外・除外)がある? まとめ

・総量規制には対象外貸付や、例外・除外貸付がある
・銀行カードローンには銀行法が適用されるため、総量規制の対象外となる
・住宅ローンなどの高額な貸付は、総量規制の貸付残高に含まれない
・総量規制は、個人利用者が資金業者から借入する場合に適用される
・配偶者貸付を利用すれば安定した収入がない専業主婦でも借入が可能
・銀行カードローンや例外・除外貸付に頼りすぎないようにしよう

ページの先頭へ